読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webプログラマー こびとの雑記

初めまして、こびとです。web系制作中心に、趣味のwordpress、仕事、アフィリエイトについて書いています。ぜひ読者登録お願いします

ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。^^
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

十数年前のアフィリエイトで本気を出していたら、現在どうなっていたのか?

どうも久しぶりのブログのこびとです。

個人的にいろいろありまして、このブログなかなか更新できないものですね

4月からまた環境も変わり、本日からまたブログが書けることになりましたので、また頑張って更新してゆきたいと思います。

(とは言っても、また空いてしまうんですよね。ブログって)

十数年前のアフィリエイトはどうだったのか?

本題ですが、こびととしては、初心者なのですが、よくよく考えると私、十数年前に趣味のサイトを2つほど運営していて、その頃、アフィリエイトで成功報酬までいただいていたことを今、発掘してしまいました。

どういうことかというと、2004年頃ですかね

私が趣味でアフィリエイトをやっていたころを遡りますが、当時会社員だった私は、時間を持て余していました。

特に趣味もなく、インターネットが楽しくて、夜な夜な好きなサイト作りに毎日精を出しておりました。

その頃は、アフィリエイトというとなんか怪しい感じもので、報酬と言っても給与を超えるものには到底なりえないレベルものだったので、ついでに、まあちょっとしたお小遣いレベルのものという認識でした。

しかし、会社で偉くなるに連れ、時間がなくなり、給与もよくなり、サイトにかける時間もなくなっていき、アフィリエイトのこともすぐ忘れ去ってしまっていました。

対象期間:2004年 7月 1日~ 7月31日(繰り越し分含む) で5000レベルです。多分、繰越がほとんどだとは思いますが、メールしか残ってなく今となってはわかりません。

アフィリエイトで生活できる人が増えてきた

すごいですね。

これはいつ頃からでしょうか?

2008年くらいとかでしょうか?あまり興味がなかったのでわかりませんが、ちらほら食べていける人が本などを出すなどで、アフィリエイトでも生活ができるのか? となんとなく思っていた時期です。

しかし、私は仕事が忙しく本気を出してアフィリエイトをすることはありません

今は、また興味が復活し始める

去年くらいからでしょうか?

本業も忙しい状態でしたが、ちらほら時間が出てきたせいか、またアフィリエイトでお小遣いがもらえたらなーと思い、幾つかのサイトを立ち上げるも、全くアクセスがなく、心が折れてしまっています。

他の方のtwitterを見て、気持ちをアップさせても、なかなか手は動かずで、もうどうしたら良いかわからない状態に陥っていました。

私の場合、文章を書くのが嫌い。という欠点を忘れていたからかもしれません。

基本的に会社人間なので、ビジネス文章、メールはできるのですが、チャットが苦手、国語も苦手ときています。

変わって、仕様書を作ったり、ちょっとしたものを作ったりといったことは得意なんですよね。

理系ですね〜

というわけで、理系のサイト作って、モチベーションをあげてみたいと思いますが、アクセスこないんだろうな〜〜〜

まとめ

タイトルをみて、飛んできた方すみません!!

やっと、本題の本題です

アフィリエイトの報酬があった2004年に遡って、その時点で専任アフィリエイターとして、作業していたらを考えてみましょう

(以下はあくまで想像のものです) 2004年 月5000円(ここから専任) 2005年 月10000円(この時点で死亡ですね) 2006年 月30000円(専任ではダメだったことを思い知る) 2007年 月6万(ここからは、副業として) 2008年 月12万 2009年 月20万 2010年 月25万 2011年 月30万 2012年 月30万 2013年 月60万(このあたりから暮らせていけることから、専任に) 2014年 月80万(やっと安心感) 2015年 月100万(こういう人がいっぱいいるところへ仲間入りが叶う!) 2016年 月120万(すげ〜) 2017年 月150万(少し飛ぶとか?)

うん、おそらく私の場合、こんな感じだったのではないでしょうか?

まあ、専任ではダメでしたが、副業ならいけてますね。しかし、本業があったので夢のお話です。

現実には、今月も月5000円も稼げておりません!!

もっと、手を動かして、記事を入れていかないといけなさそうですね。

でも、この記事書いていたおかげで、理系サイトをまたやりたくなってしまっていることに気付けましたわ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。